かずの外遊び

子供の成長とともにファミリーキャンプ→ソロキャンプ→登山となった外遊び大好きおじさんの素人遊び日記です。

ソロキャンプ・百人浜オートキャンプ場

楽しみにしていた羅臼岳~硫黄山のテント泊縦走が急用でいけなくなり、あー今年はテント泊は終わりかぁ・・なんて意気消沈していた9月末。

9月最後の今回の土日、登山のために日課にしてる(笑)10kmジョギングを朝に終えて帰宅してテレビをつけると、道内はこの土日どこも快晴の予報。

時間はまだ9時…キャンプならまだ全然行ける時間じゃないか!

という事で行ってきました、ソロキャンプ。

場所はえりも町の百人浜オートキャンプ場。

設定はまたまた山中という事で、キャンプ場での水使用&補給不可という縛りのソロキャンプです(笑)

 

そうそう、30Lでテント泊装備だとパンパンなので(笑)新しいザック買いました~!

ミレーのサースフェー40+5L、2019年モデルですが、以前のモデルと大した差はないようです。

ミレーは頑丈を売りにしている見返り?に軽量とはいかないですが(このザックも1.5kgくらいあったはず)、収納性が高く、売り文句のファーストクラスの背負い心地も、背負ってみてなるほど!と納得できました。

僕の1泊装備をパッキングしてもまだだいぶ余裕があります。

一気にミレーのファンになりました(^^)

f:id:molx:20190929160350j:image

快晴&ちょうどいい気候の中、設営完了!

現在11:30、自分が一番乗りみたい。

ここ、百人浜は怪談話もあるとこなのでオートキャンプ場とはいえ、ずっと1人だったら怖いなぁ。

f:id:molx:20190929161213j:image

設営完了したら、昼メシでも作るか~

と、その前にやっぱプシュッですよね。

担いで登ってきた設定(笑)

実際に担いで上がるのは黒霧島ですが💧f:id:molx:20190929161634j:image

昼メシでーす!

昔、登山をまだやってない頃にパスタの茹で汁を水場に捨てに行くの面倒くせー!から始まり、幾度も研究(笑)を重ねた、茹で汁を出さないパスタを紹介します。

パスタ(早茹でタイプ推奨)は100g。100g毎に纏まって売っているやつが便利です。

水は160ml。これに塩を入れて、パスタを半分に折りメスティンへ。

沸騰させるまえに入れちゃっても全然大丈夫です。

f:id:molx:20190929161959j:image

蓋をするのはほんの最初だけ。
f:id:molx:20190929162646j:image

家の大鍋なんかと違ってほっとくと麺同士がくっついちゃうのでちょっと温まったくらいからかき混ぜながら。

これを水分がなくなるまで(すぐです)続けたら茹で上がり完了!f:id:molx:20190929162726j:image

後はお好みの市販ソースなり、料理得意な方は好きな味付けしちゃってください(^^)

自分は今回はQPのカルボナーラにしてみました。

うーん、QPならペペロンチーノの方が好きだ(笑)

f:id:molx:20190929162948j:image

コーンスープ追加。
f:id:molx:20190929163202j:image

昼ご飯が終わったところで、テント内で昼寝タイム。

まだ誰もいないキャンプ場、人工音が一切なし、聞こえるのは風に揺れる木々の音だけ。

1時間くらい寝ちゃいました。

画像はプロモンテVL-16のテント内。

寝そべった視線です。
f:id:molx:20190929163238j:image

いや、その、登山テント泊設定なので本当はやるつもりはなかったんです(笑)
f:id:molx:20190929163621j:image

ファイヤー!

あ、点けちゃった。

ソロキャンプ久々なので、登山テント泊という設定からちょっとルール違反(笑)
f:id:molx:20190929163736j:image

ホルモンやらキノコ焼きながらチビチビと。

この辺から徐々に場内に人が増えてきました。

ファミリー、ソロ、カップル、ライダーと雑多です。

なぜか懐かしいこのキャンプ場の感じ。

f:id:molx:20190929163907j:image

気温はこのくらい。

もう10月になる北海道と考えたらめちゃくちゃ暖かいです。

山はもう積もってるとこありますが(笑)
f:id:molx:20190929164209j:image

キノコ類は大人になってから大好きに。
f:id:molx:20190929164330j:image
焼く物がなくなったら場内から拾ってきた枝でファイヤー!
f:id:molx:20190929164408j:image

焚き火、実はこの時は既に飽きてるのですが、火の管理でやめられない(笑)

全部灰にするまで…変なこだわり。
f:id:molx:20190929164551j:image

やっとテントへ。

さあ夕メシだ!(え?まだ食べるの?)
f:id:molx:20190929164803j:image

ご飯に混ぜるだけのやつ。
f:id:molx:20190929164926j:image

味噌汁を添えていただきます。

さんざん、肉やらキノコやら焼いて食べたので夕メシというより〆という感じです(笑)
f:id:molx:20190929165009j:image

ラジオはほとんど入らなかったです。

おやすみなさい。
f:id:molx:20190929165205j:image

早出想定で3時に起きて準備(なんの?(笑))

f:id:molx:20190929165253j:image

 

そんなこんなで、思いつきソロキャンプやってきました。

 

 

 

食事パッキング終了

山キャン1泊2日の食事。

当日の昼・夜、明朝の朝の3食。+予備食が1食の計4食を準備しました。

アルファ米が苦手な自分は悩みに悩んだ…(笑)

f:id:molx:20190920130649j:image

 

重さも計ってみたので紹介します。

①牛丼(レトルト)+米(0.5合)+味噌汁(あさげ)280g

②カレー(レトルト)+米(0.5合)+味噌汁(あさげ)320g

③パスタ(100g)+カルボナーラ(混ぜるだけ)+コーンスープ170g

④パスタ(100g)+ペペロンチーノ(混ぜるだけ)+コーンスープ160g

パスタ優秀(笑)、やっぱりレトルトは重いですね、特にカレー…みんな大好きカレー…

 

ちなみに調味料(オリーブオイル、醤油、一味、黒胡椒)30g
f:id:molx:20190920131301j:image

これに酒につまみまで持ってるので食事と晩酌だけで、はい1kg超えたー

 

プラティパス2Lも満タンにして全てをザックにパッキング。

おそるおそるザックを体重計に乗っけてみると………14.2kg!!

f:id:molx:20190920131707j:image

 

youtubeとか見ると7kgとかの人いたけど、その人の倍あるぞ、大丈夫なのか自分(笑)

そこそこはトレーニングしてるからいけるはず…いやでも10kgオーバーなんて担いで登ったことないぞ…

とグジグジ悩んでも仕方ない!(笑)

明日行く山は何回も行った山だけど時間はいつもより+1時間多く見ておこう…いや+2時間か(弱気)

とりあえず、明日は羅臼岳キャンプ楽しんできまーす!

山頂へは御来光を見に早朝アタックだー

 

 

 

 

 

食事パッキングで悩むの巻

土日の登山キャンプに向けて食事のパッキングに迷走。

未だにメニュー決まらず(笑)

とりあえず、パスタ・ソース・スープを2set作ってみる。

f:id:molx:20190919183519j:image

米は1合だと僕には多くて余してしまうので0.5合(75g)で分けてみました。

自分はアルファ米系は苦手で食べれません。

色々試したけどどれもダメでした。

食べれないもの持っていっても登山自体に影響しちゃうのでキッパリ諦めました(笑)

ご飯のおかずはどうしようかなーという感じです。

f:id:molx:20190919183742j:image

 

みんなどんな山ごはんなのかなー?と温泉から帰ってきてからyoutubeでチェック中です。

自分に合いそうだったら参考(パクろう)かと(笑)

 

という訳でまだジタバタしてます。

明後日出発なのに!(笑)

登山キャンプその前に

16日にいよいよ登山ソロキャンプだー!!と息巻いていたのですが、近場の山はどこも天気が芳しくない…

と、いうことで登山ソロキャンプは天気のいいこの土日に延期して、奥さんといい感じの温泉ホテルに行ってきました(^^)

 

部屋からは阿寒川が見えました。

川底まで透き通ってる清流。

川の流れる音と景色、これだけでずっとここに居られるねと言い合ってました。

事実、ここは14時チェックイン、12時チェックアウトでなんと22時間も滞在できるのです。

f:id:molx:20190919175921j:image

このホテルは全室、部屋に温泉ついてます。

他にも大浴場はもちろんとして貸切温泉も3種類。

もちろん全部制覇しました(笑)
f:id:molx:20190919180221j:image

部屋も素敵でした。

でも秘境すぎて?テレビはBSとWOWOWしか映りません。

僕らはずっとWOWOWの映画流してました。

全然見てないけど(笑)
f:id:molx:20190919180438j:image

夕食はこんな感じ。

基本和食コースですが、もうお腹パンパン。

ビールとウーロン茶がそれぞれ1本サービスでした。
f:id:molx:20190919181337j:imagef:id:molx:20190919181531j:imagef:id:molx:20190919181547j:image

ウーロン茶を追加で注文したらこんなのに入って出てきました。

ペットのウーロン茶が高級に見える(笑)
f:id:molx:20190919181915j:image

朝食は和食か洋食から選べます。

僕らはまたまた和食を選びました。

ホタテ&ウニごはんと数々のお供達でした。f:id:molx:20190919181812j:image

あと22:30くらいから夜鳴き蕎麦の提供があったり、ホテルのバーでオリジナルカクテルのサービスがあったり、大浴場の風呂上がりはアイス食べ放題(朝はカツゲン(北海道のローカル飲料))だったり至れり尽くせりという感じでした。

 

ここまで誉めちぎって名前とか書くと関係者の宣伝と思われて迷惑かけたら困るので伏せておきます。

ただ、ヒントを(笑)

阿寒湖温泉街のホテルではありません。

雄阿寒岳登山口よりちょっと下に行ったところにある宿です。

 

自分はあまりホテルをベタ褒めすることはないのですが、ここはスタッフの対応、部屋、温泉、立地100点満点で大満足でしたよ!

ファミリーというよりも大人のグループにいいかな。

個人的には特にカップルにオススメです!

山中ソロキャンプの仲間達③

ちょっと遅い夏休みに入りました(^^)

とりあえず日課の早朝10kmジョギング行ってきます!…その前にグダグダ長い仲間紹介パート3。


ウィンドスクリーン、いわゆる風防です。

イワタニのジュニアバーナーは割と風に強い作りはしていますが、やはり外では必須。

あるとないとでは調理時間&燃費がかなり違ってきます。

忘れても石積んで作ったりした方がいいですよね、というかそっちの方が楽しそう(笑)

画像はユニフレームの5枚のもの。
f:id:molx:20190913063422j:image

秋キャンにオススメ、ハッキンカイロ。

ホッカイロも手軽でいいけど、男心くすぐるアイテム。満タン(とは言っても数十ml)で24時間余裕で暖かいです。
f:id:molx:20190913063949j:imagef:id:molx:20190913064053j:image

目も日焼けします。天気いい時の保護は確実に。

ただ、サングラスしてると挨拶してもらえない(返してもらえない)確率高いような?怪しい人に見えるのだろうか…

swansのたしか1万円しなかったスポーツサングラス使ってます。f:id:molx:20190913064319j:image

ナイフ。登山キャンプは全部これ一本で済まそうと思ってます。

安定のビクトリノックス。この手のものはあまり多機能でもまず使わない経験からシンプルなものを選びました。

自分はナイフ(短・長)、缶切り、プラスドライバーさえあればOKマンです。
f:id:molx:20190913064557j:image

マグカップはやっぱりチタンが軽くていいですね。

コーヒー好きなので必須です。
f:id:molx:20190913065312j:image

忘れてましたがシュラフはnaturehikeというとこのダウンシュラフ。いわいる中華製というやつで何回か使ったけど3シーズンなら全く問題ないです。縫製も丁寧。

安価だけど割といいもの作っているメーカーなのでチョイスしてみました。

youtubeとか見るとここのテントもけっこうレビューがアップされてますね。

封筒型のダウンシュラフという珍しさと何よりダウンシュラフが1万円!(笑)

f:id:molx:20190913065537j:image

VL-16と並べてみる。

圧縮するとこれだけ小さくなります。

間違って冬山泊なんてやる事になったらナンガ買います(笑)

f:id:molx:20190913070134j:image

最後にレジャーシート。

一枚あると色々便利。山頂休憩とかテント設営時にザックを直接地面に置きたくない時とか。
f:id:molx:20190913070838j:image

 

あと細々したものは色々ありますが、グダグダ長い&テキトーな仲間紹介はこれで終わり。

登山キャンプは16日に予定してます。

場所は秘密(笑)

山中ソロキャンプの新たな仲間紹介②

えっと、どこまで書いたっけ…(笑)

とりあえず灯火類。

まずはヘッデン。

登山始めた時に使っていたジェントスのものから買い替えました。

レッドレンザーH8R

USB充電式で、どこまで保つかは試してないけど一晩キャンプしたくらいでは全く問題なかったです。

公式では10時間です。

ハイ600ルーメン・ミドル250ルーメン・ロー10ルーメンの3段階切り替え。テント内で本読むくらいならローで十分です。

とにかくすごく明るくてクッキリ。ライト部分は簡単にベルトと分離してザックに付けたりもできます。

たぶん、ヘッデンは次もレッドレンザー買います(笑)
f:id:molx:20190912182345j:image

ハンドライトはソロキャン時代から使ってるジェントスの閃シリーズ。

単4電池×3。200ルーメン。そろそろ充電式のやつにリニューアルしたい(笑)

特に不満はなし。照らした時の円もクッキリ。
f:id:molx:20190912183203j:image

ラジオ。

普通の単3電池二本あれば2週間くらいは連続で余裕ってくらい(もっとか?)保ちます。

f:id:molx:20190912184006j:image

ちなみにハンドライトとラジオの電池はエネループ使ってます。もはや1年くらいいけそう?(笑)

f:id:molx:20190912185340j:image

モバイルバッテリーは安定のANKER。

1万と2万で迷ったけど、両方買って図体のデカい2万のを普段用、比較的コンパクトな画像の1万の方を登山・キャンプ用にしました。

自分のスマホ(トルク02)が3000なので3回半充電というところ。1泊2日なら十分過ぎるでしょう。

歩いてる時はアプリのGPSだけで機内モードにしてます。

f:id:molx:20190912184515j:image

 

またまたついつい長くなっちゃった(笑)

続きはまた今度!

 

 

山中ソロキャンプの新たな仲間紹介①

ソロキャンパー、いよいよ登山テント泊へ。

登山テント泊のアイテム達を紹介します。

まずはザック。

始めた頃はグレゴリーというところのザックを使っていましたが、どうにも自分の体に合わなくて山行中にあちこち痛い。(買う時に重り入れて背負ったりして試したのですが…)で、それから色々試してジャストミートしたのがこれ。

ロスタードラゴンのwast wall packの30L。

すごく自分に合う。お気に入り。

学んだこと→ザックと靴が自分に合うかどうかは値段に比例しない。

f:id:molx:20190911192407j:image
テントはプロモンテのVL-16です。

モンベルのクロノスドーム2型は大きくて30Lザックではとても無理なのでVL-16にしました。

f:id:molx:20190911193217j:image

グランドシートは純正のものを選択。
f:id:molx:20190911200048j:image

マットはソロキャンの普通のサーマレスト(笑)からサーマレストのショートを追加しました。

ちょっとでも軽くしたくて。
インフレータブルマットも一瞬考えたのですが、ソロキャン時代に良いブランドでも結局パンクで終わりという体たらくで(自分は身長173cm体重65kgとありふれた体型ですよ)、キャンプ場ならまだしも山中ではやっぱり信頼性かなと。
f:id:molx:20190911193657j:image
これも登山(冬以外)でしか使わない水筒。

登山してる人には説明の必要すらないですが、プラティパスの2L。

夏だとこれ+好きなペット500ml持って行きます。

f:id:molx:20190911194401j:image

テーブルはスノーピークのお膳。

ソロキャンプではイマイチ小さい、登山ではマスト。そんなミニテーブルです。

f:id:molx:20190911194644j:image

クッカー。

モンベルの初期のクッカー。

ソロキャンプ時代になんとなく買って日帰り登山でも使ってます。下は750mlで、上はウィンナー3~4本炒めたりシェラカップ的に使ったりです。
f:id:molx:20190911194934j:image

クッカーその2

ESEEのメスティン。

これもソロキャンプ時代からのもの。

ちなみに160mlで100gのパスタ茹でると茹で汁出ません。水分がなくなった時点で茹で完了です。

これソロキャンプで何回も何回も試行しました。登山でも使えるワザだと思いますので是非!
f:id:molx:20190911195320j:image

ストーブ。

イワタニのジュニアバーナー。CB缶です。

f:id:molx:20190911195600j:image

ソロキャンプ時代は画像のOD缶のストーブとかホワイトガソリン(コールマン508A)とか使っていましたが、北海道の3シーズンでは性能過多と気づきまして…コスパのCB缶に逃げました(笑)

f:id:molx:20190911195656j:image

冬?お湯を持っていくもん!

春~秋は”黒霧島”入ってます(笑)
f:id:molx:20190911200151j:image

山ではお湯しか沸かさないという人はスルーしてください。

ソロキャンパーにはお馴染み、山でも料理するという人にはオススメ、バーナーパッド。
f:id:molx:20190911200348j:image

機種問わず、どうしても直線的&一部集中な火力のシングルバーナー。

ぶっちゃけ、お湯沸かしくらいしか向いてません。

f:id:molx:20190911200536j:image
そんなシングルバーナーの直線的な炎を分散してくれるアイテム。

山で炊飯するとかパスタ作るとかあれやこれやなそんな人にオススメ、バーナーパッド。

自分のはユニフレームの15cm×15cmです。

五徳より小さいものの安定にも使えます。

このパッドを使うと遠赤外線になるので、なんとヒーターにもなるんですよ!

山と食欲と私みたいな方に特にオススメ(笑)
f:id:molx:20190911200745j:image

ただ、輻射熱もパワーアップするので出来れば遮熱板使った方が安全です。

自分は無メーカーのこんなの使ってます。f:id:molx:20190911203845j:image

 

 

ちょっと長くなったので、また次回に続きます!